樹木の手入れ方法|素敵な庭を作りたいなら砂利を敷こう|手入れも行いやすくなる

素敵な庭を作りたいなら砂利を敷こう|手入れも行いやすくなる

樹木の手入れ方法

剪定

庭などに植えて楽しむ木は、人に安らぎを与えれる大切な存在です。そのため、木は日ごろからきちんとメンテナンスをしておく必要があります。木は、放っておくとどんどん枝や葉が生い茂り、栄養がきちんと全てに行き渡らなくなったり、外観がまとまりなく見えたりしてしまいます。そのため、木には剪定と呼ばれるメンテナンスを施します。余分な木や葉を切り落とし、木を美しく保ちます。剪定を定期的に行うことで、木の寿命を延ばすことも出来ますし、常に綺麗な木々を楽しむことが出来るようになります。そして剪定のコツは、間引き剪定と呼ばれる方法を使うことです。全体の枝や葉をバランスよく同じ濃さに剪定する、というのが間引き剪定です。

間引き剪定を行うことで、外観や、木そのもにについても丈夫になるなど大きなメリットを得ることが出来るようになります。しかし、間引き剪定は何度もやって慣れないと難しいものです。複雑に入り組んだ枝同士や、枝が多すぎる場所だと、どこを切っていいのか分からなくなってしまうためです。コツをつかむためには、まずは練習することが大切です。例えば剪定をしてくれるプロの業者に依頼し、方法やコツなどを見学してモノにする、という方法も良いでしょう。小さな木や、木の図を見ながら何度か実際に練習してみるということもおすすめです。木は、人間にとって欠かせない、生きている大切な植物です。真心こめて剪定をし、美しさを保てる努力をすることが大切です。